toptitle

学科長挨拶

未来の機械技術を創造しよう

工学部 機械システム工学科 学科長
大学院理工学研究科 機械システム工学専攻 専攻長
峯田 貴

本学科は設立以来100年を超える歴史を持ち、数多くの技術者・研究者をこれまで輩出してきた日本でも有数の機械系学科です。長い歴史を通して、本学科を卒業した多くの技術者・研究者が、幅広い分野における産業界の成長に貢献し、リーダーとして活躍しています。

 機械工学は産業や生活の基盤であるとともに、多岐にわたる幅広い領域へ発展してきました。本学科は、2017年度(平成29年度)から、入学定員を115名から140名に増員し、関係する教員も40名近い体制になりました。より多様な専門分野をカバーし、機械工学の基盤をしっかり学ぶことに加え、幅広い応用分野(材料工学、構造デザイン工学、マイクロマシン工学、熱工学、流体工学、航空宇宙工学、エネルギー変換工学、機構学、ロボッティクス、バイオニクス、医用工学等々)を習得できるカリキュラムになっています。また、設計製図、計測・実験、機械工作、エンジニアリング創成などの実践教育にも力を入れています。学部4年次には各研究室に所属して多彩な卒業研究テーマに取り組んで、実践力に磨きを掛けます。企業や他大学・研究機関との共同研究も活発に行っています。長い伝統で培われた本学科の教育システムは、2004年以来、JABEE(日本技術者教育認定機構)の認定も受け、卒業生は技術士(国家資格)の一次試験が免除される技術士補の資格も与えられます。

 大学院博士前期課程には約半数の学生が進学します。現代の科学技術は、高度化、多様化、複雑化が進み、大学の4年間で学べる内容は限定的になってきています。学生の皆さんは大学院に進学して、より高度な知識を学び、研究開発活動を通じて新しい価値を創造できる技術者・研究者となる力を身に付けていく道も、進路の選択肢のひとつとして意識してみて下さい。

 四季の彩り豊かで米沢藩時代の文化が色濃く残る古都・米沢は、落ち着いて研究・勉強するには最適の場所です。卒業研究あるいは大学院での学生の皆さんの研究が、より良い未来の生活の礎になります。一流の機械エンジニア・研究者を目指し、未来の科学技術を一緒に創り出していきましょう。

2020.4.1

戻る  top
    山形大学ロゴ
  • 工学部 機械システム工学科
  • 〒992-8510
  • 山形県米沢市城南4丁目3-16

PAGE TOP ▲