toptitle

共同研究

本学科では共同研究を歓迎いたします。 下記の共同研究事例・プロジェクト・シーズに興味を持たれたら、各教員または国際事業化研究センターまでお気軽にお問い合わせ下さい。
(具体的な共同研究の形態についてはこちらをご参照ください。)


共同研究事例

『常温乾燥機』: 鹿野一郎 准教授 + サント電業

従来の熱や冷凍などを用いた乾燥に比べ、食感・風味・色合いなどが損なわれにくい常温乾燥機を、本学科の鹿野准教授サント電業(山形県米沢市)で共同開発致しました。従来の常温乾燥機での課題とされていた乾燥対象物周りの空気の流れを、流体力学と専門とする鹿野准教授の知見を開発に反映することで安定化することに成功し、様々な食品の食感・風味・色合いを損なうことなく均一に乾燥することが可能となりました。 この常温乾燥機は既に市販され好評を博しているだけでなく、有機ELの権威である本学の城戸教授、鹿野准教授、サント電業によって設立された大学発ベンチャー「ナチュラルプロセスファクトリー」のコア技術として、今後より一層の発展が期待されています。

Placeholder image

プロジェクト事例(支援機関・プロジェクト名)

(内容詳細や過去の事例等については科研費データベースをご活用下さい。)


機械システム工学科・研究シーズ

 
研究シーズ名 教員名
植物由来の多孔質炭素粉体を利用した機能性材料の開発 飯塚 博
材料の微視組織形成過程の計算機シミュレーション 上原 拓也
材料組織情報から変形特性を予測(計算固体力学) 黒田 充紀
3次元マイクロセンサー・アクチュエータの開発と応用 小沢田 正
環境に配慮した生産加工システムに関する研究 近藤 康雄
ゲル材料やウェット界面の光学的その場構造解析 古川 英光
マイクロ・ナノ機械デバイスと微細加工プロセスの開発 峯田 貴
磁気力による様々な流体の対流熱伝達制御 赤松 正人
自動車のドアミラー後流に関する多重スケール構造の可視化 李鹿 輝
ロボット技術を活用して社会に貢献 井上 健司
テレロボティクスとバーチャルリアリティ 妻木 勇一
移動ロボットの力学・制御と応用 水戸部 和久
乳がん検診用屈折コントラストX線CT装置の開発 湯淺 哲也
インボリュート歯車の設計と性能評価 大町 竜哉
固体材料のミクローメゾーマクロ変形挙動の評価 村澤 剛
流体関連騒音・振動 M・A ランジェム
カーボンナノ物質を用いた複合物質の高熱伝導化 奥山 正明
熱流体工学を基盤とした冷却・乾燥の研究 鹿野 一郎
渦のダイナミクスを理解して、乱流・乱流燃焼を制御する 篠田 昌久
キャビテーションの音圧差を利用した超音波ポンプの開発 中西 為雄
マイクロバブル・中空マイクロカプセル生成技術 幕田 寿典
非線形・むだ時間系の制御系設計 秋山 孝夫
全方向車輪を利用した全方向移動車両 多田隈 理一郎
リンク機構を用いた脚部動作の補助に関する研究 南後 淳
生体分子モーターの機能解析とナノ制御への応用 羽鳥 晋由
生体由来部材を足場材料としての幹細胞の分化促進と再生組織の構築 馮 忠剛
制御理論とそのロボット制御システムへの応用 村松 鋭一
低コストGPUを用いたリアルタイム・フルレンジFD-OCTの開発 渡部 裕輝
振動・騒音の制御,および振動を利用する機器の設計と研究 井坂 秀治
動力伝達装置(パワートレイン)に関する研究・開発 小松原 英範
温度・湿度の制御 安原 薫
制御工学応用による機械システムの低価格化・高付加価値化 有我 祐一
理論と実験の融合による神経回路の統合的理解 姜 時友

2016.11.30

戻る  top
    山形大学ロゴ
  • 工学部 機械システム工学科
  • 〒992-8510
  • 山形県米沢市城南4丁目3-16

PAGE TOP ▲