toptitle

教育理念と学習・教育到達目標(平成28年度以前の入学者対象)

機械システム工学科が関わる分野は、輸送、生産、エネルギー、家電、医療福祉、建設、航空宇宙、海洋など多岐にわたり、 機械系エンジニアには人間活動のあらゆる分野で科学技術的な側面からの強力な推進役として幅広い貢献が求められている。 同時に、「ものづくり」という観点から人間生活に最も密着したところでの科学技術に貢献しており、 社会生活や環境に科学技術が与える波及効果や責任を常に念頭において次世代を担う新たな製品開発が求められている。 自動車一つを例にとってみても、安全で快適なドライビング性能だけでなく、人間の感性を駆使した外観デザインや排気ガス、 省エネルギーおよび騒音対策など対環境性の高いデザインコンセプトが必要不可欠となってきている。 したがって、現在、機械系エンジニアには機械工学の基礎力を身につけ、グローバルな視点から機械をシステムとして統合する柔軟な幅広い素養をもち、 かつ、進展の著しい科学技術の担い手として独創性・創造性を発揮できることが強く要請されている。

このような機械系エンジニアに対する社会の要請を踏まえて、本学科では、機械工学の基礎知識の上に、 多岐にわたり高度に成長する先端技術を取り入れ、かつ、技術が社会や自然に与える波及効果や社会に対して技術者が負う責任を認識させながら、 国際的な視点から社会と産業の発展に貢献しうる技術者ならびに研究者の養成を目的とする。 そのために、学生個々人の個性を尊重した人格を形成するとともに、健全かつ多様な価値観に基づき主体的に行動できる「前向き」で「独創性、創造性豊な」人材を育成する。

上記の理念にもとづき、本学科は次に示す1~5の能力を備えた技術者ならびに研究者を育成する。

  1. 機械工学の基礎知識を有している。
  2. 多岐にわたり高度に成長する先端技術を継続的に学び続ける能力がある。
  3. 国際的な視点を持ち、技術が社会や自然に与える波及効果や、技術者が負う責任を理解した上で、社会と産業の発展に貢献できる。
  4. 健全かつ多様な価値観に基づき主体的に行動でき、前向きで独創性と創造性に富んでいる。
  5. 研究、開発、設計、生産など、ものづくりの場面で実践力を発揮し、課題に粘り強く取り組むことができる。

本学工学部の創設は、名君上杉鷹山公が興した地場産業「米織」が礎となっており、1910年に開設された米沢高等工業学校が前身である。それ以来、本学機械系出身者は「ものづくり」の現場で研究・開発、設計、生産に携わる粘り強く誠実で堅実な技術者として高い評価を受けてきている。このような歴史と伝統に育まれた卒業生の活躍分野に鑑みて、本教育プログラムでは、実践的・実学的教育を重視している。特に、演習、実験、機械工作実習、設計製図、ゼミナールなどの実技科目、およびエンジニアリング創成や卒業研究などのデザイン科目を通して達成される、次の2大教育目標を掲げている。

  1. ものとの触れ合いを通して、研究、開発、設計、生産の技術を体得できる実践的・実学的な教育を行なう。
  2. 筋道を立てて説明できる「理論的思考力と記述力」、自分の考えを表現し正確に伝えることができる「プレゼンテーション能力」、幅広い視野をもち他人の意見も尊重しながら判断、討議できる「判断力及びディベート能力」、グローバル化時代に相応しい「国際感覚を身につけたコミュニケーション能力」、そして既成の概念にとらわれない「創造力」を養成する。

これらの教育目標を実現するため、教養・専門教育に共通の具体的な学習・教育到達目標を次のように掲げている。

  1. 工学の基礎力:
    工学の基礎としての数学(特に、線形代数学、微積分学、確率・統計)、物理学、情報処理の基礎知識を身につけ、それらを応用できる能力を養う。
  2. 技術者倫理と国際性を兼ね備えたリーダーシップ:
    山形という恵まれた自然環境のもとで健全な価値観に基づいた技術者倫理観を体得し、外国人教員や国際感覚豊な教員との触れ合いを通じて外国語に関する教養と国際性を養い、地球的視点から多面的に物事を捉え先導できるリーダーとしての素養を養う。
  3. 計画的遂行力とグループ活動能力:
    実験・実習・演習を通じて、与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる能力を身につける。また、これらを通じて友人と切磋琢磨しあうことによって、グループ活動能力、協調性、行動力、決断力、指導力を養う。
  4. 創造力、自主的行動力およびコミュニケーション能力:
    卒業研究や実験・実習・演習・ゼミナールなどにおける実践的科目を通じて、創造力、構想・着想力、問題発見・解決能力を身につける。さらに、日本語による論理的な思考力・記述力、発表・討議能力、国際的に通用するコミュニケーション基礎力を身につけ、自主的かつ計画的に行動できる能力を養う。
  5. 自主的・継続的学習能力:
    知識の単なる暗記ではなく、知識の本質を理解しながら自主的に学習する能力を身につけ、社会および科学技術の変化に常に対応して進展著しい最先端の分野を継続的に学習できる生涯自己学習能力を養う。
  6. 職業観:
    早期から専門領域における自分の関心を見極めることによって目的意識や健全な職業意識を育み、将来の職業選択を自主的に行える能力と職業観を身につけ、社会と産業の発展に果敢に取り組む意欲を養う。

さらに、機械工学分野の専門教育では、機械工学の基礎となる各種力学および、広い工学問題の解決に機械工学を応用する発展的分野について、次の具体的な学習・教育到達目標を掲げている。

  1. 機械工学の基礎:
    工業力学、材料力学、流体力学、熱力学、運動学・機械力学などの機械工学の基礎知識を身につけ、それらを機械の解析・設計および問題解決に応用できる能力を養う。
  2. 実践的機械工学:
    機械工学の中心をなす以下の実践的分野の中から、自身の将来ビジョンに基づき選択した科目履修を通し、積極的な学習姿勢で専門性を高める。
    材料・構造工学分野〕:
    機械材料のミクロ挙動、構造強度および振動の解析、各種機械システムの力学的特性を踏まえた構造設計、および関連する分野。
    熱流体・エネルギー工学分野〕:
    熱移動および流れの精密測定や解析、エネルギーの有効利用を図るシステム、および関連する分野。
    デザイン・ロボティクス分野〕:
    機械要素、運動機構および各種ロボットの解析と設計、コンピュータ技術を援用した新しい機械制御システムの開発、および関連する分野。

    また、以上の分野を含め、専門知識を多様な工学問題に応用し、解決する能力を養う。

  3. 開発・設計・生産技術およびデザイン能力:
    ものとの触れ合いを重視した実践的な教育を通じて、開発、設計および生産の技術を身につけ、それらを利用して社会が要求する機械関連の問題を解決するデザイン能力を養う。
  4. 実験・シミュレーションの計画・遂行力:
    卒業研究や実験などを通して、問題解決に必要な実験やシミュレーションなどを計画・遂行し、その結果を解析して考察できる能力を養う。
  5. 技術者倫理観:
    技術(者)のあるべき社会的責任や環境・エネルギー問題を学びながら、地球的視点から物事を考える能力を養う。

山形大学工学部機械システム工学科昼間コースは、2003年度に日本技術者教育認定機構(JABEE)より認定された教育プログラムである。 次に掲げる達成度基準を満たした本プログラムの卒業生は、技術者として必要な知識や能力が社会のニーズに応えられて、国際的にも通用する教育を受けたことが証明されている。また、技術士一次試験(国家試験)が免除され、技術士補となる資格を有する。

以上

2014.12.8

戻る  top
    山形大学ロゴ
  • 工学部 機械システム工学科
  • 〒992-8510
  • 山形県米沢市城南4丁目3-16

PAGE TOP ▲