本館        タイトルイメージ

コラム


 

ご意見・ご質問


〔2008年9月29日受付〕

平成20年度「産学連携人材育成事業(産学人材育成パートナーシップ等プログラム開発・実証事業)」に関連して思うこと



 平成20年度産学連携人材育成事業の経済産業省公募に際し、33件の応募があり、 21件の採択がありました。経産省HP掲載情報によりますと、国立大学では、室蘭工業大学・静岡大学・富山大学・愛媛大学等の提案事業が採択され、それら事業テーマにおけるキーワードは、「ものづくりバードアイ技術者」・「多様なニーズに対応できる人材」・「基礎から産業応用まで熟知した人材」・「キャリアエンジニアによる社会貢献&人材育成」などです。
 採択全般の事業内容からは、いずれの産業界も求めているのは、「@基礎学力を持ち、A総合的な俯瞰力を備え、B課題発見解決能力等を有する人材である」ことが読み取れます。
 社会人として最低限、大切なことは、「C困難にあってもあきらめないこと、Dプラス思考で物事に対応すること、そして、Eこころざしを持つこと」と考えますが、「俯瞰力」や「解決能力」を身につけるには、とにかく、「F何事にも好奇心を持って勉強すること」だと思います。
 話が飛びますが、企業に入って20年、30年と年月を経てきますと、一般論として、「異業種交流」に着眼する人が多くなってきます。その理由は、会社のモノカルチャーからは、現状打破、難局打開等のイノベーション的発想は得られにくく・・・・従って、「これではいけない!」と考えるようになるからです。
 ここで提案ですが、大学には、「いろんなタイプの異経験の学生」がいると思います。「企業の異業種交流」にヒントを得て、例えば、「異経験学生交流」をスタートさせるものです。具体的には、時間外活動として、「●●研究会」を自発的に数十発足させます。テーマ名は、「夢」や「願望」、将来に「希望」がもてるものなら、どんなものでもOKです。●●として、「プラス思考」・「バードアイ」・「創造力」・「ものづくり」・「コミュニケーション能力」・「技術イノベーション」・「環境問題」・「社会貢献」・「世界平和実現」などは如何でしょうか?
 これら研究会のテーマ選定から、メンバー集め・役割分担・情報収集・分析、そして結論を導き報告会へと・・・全て学生が自主的に運営することが、本提案の重要なポイントです。一気通貫で、即ち、「課題発見から解決」までの「自発的かつ自主的な人材育成アプローチ」を体験してもらうものです。報告会は、大学の時間内で正式の授業のひとつとして扱い、単位取得もできるようにします。そうすれば、学生の「モチベーション」も上がるのではないでしょうか? 「中間報告」もモチベーション維持に必要ですね。先生方は、この提案の「仕組み」だけを学生に理解させ、何も指導することはありません。先輩社会人として、最終報告会で「評価点」をつけるだけで良いのです。繰り返しますが、全て学生に自主的に、いろいろと悩みながら、「解なきテーマ」を考えてもらうのが本提案のミソなのですから・・・・
 脳力&能力アップは、自発的な行動の方が効果的なのは衆知ですよね。研究会のアプローチ&その結果は、インパクト大きく脳裏に刻み込まれ、きっと人材育成の礎になることでしょう。また、「●●研究会」の最終報告資料は何れも興味深いものとなる筈で、就職活動における格好のアピール材料にもなると思いますが、如何でしょうか? 関係各位のご意見をお待ちしています。

住金コスモプランズ(株) 松田行雄(M46卒) 





ご提言いただきまして誠にありがとうございました。
 「異経験学生交流」として、「●●研究会」を自発的に発足させるというアイデアは魅力的です。学生が自主的に活動するように指導することが最も重要とは思いますが、その結果の評価は難しいですね。授業の一環としてやるには指導力も必要ですし、得てして自分の専門分野からはみ出たくないという思いがあって難しいと受け止められています。しかし、デザイン(創成)科目を増やすことや、オープンエンドな課題への取り組みは大学教育に最も求められていることですから、何とか工夫してみたいと思います。 (高橋一郎)


〔2007年3月23日受付〕
日本経団連の提言 「 イノベーション創出を担う理工系博士の育成と活用を目指して
−悪循環を好循環へ/取り組むべき9方策提案
 」 を見て思うこと


「産官学連携」も結構ですが、学生自身が「何のために学ぶのか」、 このことの認識というか、理解が無くては、望まれる理工系の人財(人材?)は育たない(一般論)のではと、 このように懸念しているところです。 「右肩下がり世界経済」が進む中、自ずと「世界分業時代」に突入していくことが想定されますが、 そういう時代を生きなければならない、これからの若者に求められるセンスとは、 「今、何を為すべきか」を常に自問自答できる人財なのであり、 そういう人財育成に教授陣の精力が注がれるべきなのだろうと思います。

IHI 布川 勇(M46卒)


 高校から理工系へ進学する生徒ですら、自分の実体験と大学での勉強と将来の職業との関連づけができていない。 しかし、最近は若者のIT離れ、社会が求める職業への指向など、足を地に着けて考える学生が増えつつあるようです。 全ての学生がそうであればいいのですが、入学してからでも、キャリア形成へ目覚めさせるような授業や、 他者との比較によって向き不向きを自覚しつつ、4年で進路を定めることになると思います。


友諒会担当教員 高橋一郎


   山形県米沢市城南4丁目3の16 山形大学工学部 機械システム工学科 友諒会